40kgダイエット歴有り中国俳優ドビー•リー(李程彬)の最新プロフィールと出演作品

もうすぐ放送される最新華流ドラマ「プロポーズ大作戦」主演しているトビー•リーについてです。

彼は最近自らが天然パーマだということをSNSでカミングアウトしてました。
    →トビーリーのSNSアカウントはこちら

これがそのときの画像↓↓↓

画像内の中国語を日本語訳すると、

「パーマかけたんだ、かっこいいでしょ。」

「でも実はオレ天パーなんだよね。」
「エイプリルフール楽しんで!」



一般人がこんな風にツイートしても面白くないですが、有名人だと何百というリツイートがあるんですね。


では、とりあえずプロフィールからいきます。

ほかにもトビーリーの出演作品、そしてスマートなツイートをする彼のダイエットについて見ていきましょう。

スポンサーリンク


トビー•リー(李程彬)のプロフィール

中国名:李程彬
国籍:中国
身長:184㎝
出生地:台湾
出生日時:1987年11月22日

出演作品

2013年
歌手陈妍希の「悬崖上的玫瑰」MV出演

2015年,
映画「重生愛人」出演

2016年
映画「黑白」出演
映画「六弄咖啡馆」出演
映画「极乐宿舍」主演
映画「七月与安生」主演
ドラマ「一把青」主演

2017年
ドラマ「求婚大作戦(プロポーズ大作戦)」主演
映画「春娇救志明」出演
ドラマ「我的爱如此麻辣」主演

ドラマ「原来你还在这里出演中

2018年
ドラマ「上海女子图鉴」 出演
ドラマ「烈火軍校」 主演
映画「镜像人·明日青春」主演

トビーリーの初登場となったミュージックビデオ「懸崖上的玫瑰(崖に咲くバラの花)
」の動画です↓

この曲は中国では彼のデビュー作品として知られていますが日本では知る人はゼロに近いのではないでしょうか。

トビーリーが日本で一定の数の人に知られたのは中国映画祭で公開された映画「七月と安生」に出演したときかと思います。

ラブストーリーであるこのタイトルでトビーリーが演じたのは幼なじみ同士の女の子に二股をかけてしまうダメ男。

見事な演技で見た人には深い印象を残したかと思いますが、それでも数日間だけの公開だったので見た人の数も限定されてくるはずです。

現地ではこの作品のにより複数の新人賞にノミネートされさらに人気が高まりましたが、日本では一般公開もされず埋もれてしまいました。

しかしそんなトビーリーがようやく更に多くの人の目に留まるチャンスがやってきました。

それが今度放送される「プロポーズ大作戦」。

これは同名の日本ドラマのリメイクで共に主演するのは有名なEXOレイとチェンドゥリンというか可愛らしい女優です。
   関連記事:チェンドゥリンのプロフィール
   関連記事:チャンイーシン(EXOレイ)のプロフィール

リメイクは期待外れな出来なこともありますが、これは結構オススメ。
   関連記事:リメイクされてパワーアップした「プロポーズ大作戦」

トビーリーは中国ではここ1,2年の間に人気が高まっていて出演作も増えているので、日本でもこれから徐々に知られることになるかもしれませんね。

今度放送される「プロポーズ大作戦」はその起爆剤だと思ってます。

スポンサーリンク


トービーリーのダイエット歴

思わず2度見していそうなほど美男なトビーリーですが、幼い頃からイケメンではなかったようです。

今ではスタイルは完璧ですが、なんと小学校のころはかなりの肥満でその体重は117kgもあったとか。

↓↓↓右から2番目がトビーリー

かなり体格も良かったようですが顔を見ると二重あごは間違いなくありますし顔の輪郭も大きくとても現在の姿とはかけ離れています。

そんなトビーリー少年がまだ幼かったにも関わらずダイエットに踏み切ったエピソードがこれ。

小学校時代密かに好きになった女の子がいてなんとある日その子にラブレターを渡されたらしいのです。

とても嬉しかったトビーリー君ですが、残念ながらそのラブレターは彼宛ではなくほか男の子に渡すように頼まれただけだったとか。

これがショックとなりダイエットを決意。

毎日1000メートルの水泳や飲食制限など苦しい項目を心の痛みを紛らわすようにやってのけなんと半年で40kgの減量に成功したといいます。

そのまま進学した高校では身長184㎝、体重77kgのナイススタイルで女子生徒たちの憧れの的。

この頃からトビーリーは運動する習慣がつき、今でも球技やボクシングなどのトレーニングを欠かさないようです。

スポンサーリンク

いかがでしたか。

中国でもう人気俳優の仲間入りをしているとはいえまだまだ経歴は浅い方といえるトビーリー。

これからキャリアをどんどん積み上げていくのでしょうが、日本でも同時に彼の出演している作品がでてきて欲しいものです。

以上内モンゴルの草原からでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です