人類史上初の試みも!!中国映画「南極の恋」のあらすじ、キャスト、作品解説

中国最新映画「南極の恋(仮)」を見ました。
作品についてのいろいろな情報をここで共有したいと思います。

スポンサーリンク


中国映画「南極の恋」について

中国名:南極之恋
公開:2017年
キャスト:ヤン•ズーシャン、マーク•チャオ

主役の女性ヤン•ズーシャン(楊子姗)は日本でも好評だった中国映画「20歳よもう一度」でも主演しています。

EXOのロハンと共演していたこの映画は中国コメディーのなかでも特に面白かったですよ。
   関連記事:中国コメディー映画「20歳よもう一度」について

一方、主役男優のマーク•チャオは私も初めてみましたが、日本でも放送され人気を博した華流ドラマ「三生三世十里桃花」に出演しているよう。

といっても主演ではないので出ていてもちょこちょこです。

中国映画「南極の恋」あらすじ:

結婚式会社の社長、フーチュンと物理学者、ルーイーが乗り込んだ小型飛行機が南極で墜落した。

フーチュンはけがを負ったルーイーを海に沈む飛行機からなんとか助け出す。

二人はなんとか生き残ったが今いる場所はどこかもわからず、ルーイーは怪我もしているため身動きも取りづらい。

幸いなことにフーチュンが探検隊用の小さな小屋を見つけたが長いこと放置された状態で食料も燃料も残りわずか。

なんとか人のいる基地へ行きたいが方角もわからず当てずっぽうに探す訳もいかない。

さらに75日後には太陽も昇らなくな物理学者が告げるり凍死するしかないことをルーイーが告げる。

怪我をして身動きできないルーイーだが、その優れた判断力で基地の場所を絞りこんでいきそれをもとに危険が潜む南極をさまようフーチュン。

二人はこの極寒の地から無事生きて帰ることができるのか!?

中国映画「南極の恋」解説

東京、名古屋、大阪で期間限定で開催された中国映画祭「電影2018」で上映されただけで、本格的にはまだ公開されていない作品です。

「電影2018」で上映された映画の中には日本公開予定のタイトルも入っているというのでもしかしたら、そのうち映画館で見れるかもしれないですね。

この映画の見どころはいくつかありますが、私の中で一番は撮影現場は南極そのものだったということ。

南極を舞台にしたドキュメンタリー映画なんかは今までいくつもあるでしょうが、この映画のようなフィクションを撮影したのは史上初めてのことだそうで、これはすごいことなんじゃないかと思います。

映画の中でも一歩間違えば命はなくなってしまうような厳しすぎる寒さに耐える場面がいくつかありましたが、そんな劣悪な環境のなかキャストや撮影グループが一つの映画を作り上げるのってめちゃくちゃ大変だと思うんですよ。

映画ですからミスが出てカットとなれば満足いくまで撮り直さなければならないですし、撮影だって寒さや地形、気候が影響してうまくいかなさそうですから。

下手すれば撮影中に怪我を負ったり、ひどければ命を落とす可能性も通常よりは高いはずです。

この事実を私が知ったのは映画を見終えた後だったのであれですが、もしあらかじめ知っていたら映画の面白さが倍増したに違いありません。

スポンサーリンク


※ここから下「南極の恋」あらすじネタバレあり

主人公のフーチュンは守銭奴で南極で結婚式を企画し金儲けを企む自己中な男。

そしてルーイーは物静かな物理学者で南極に研究に行こうというところ。

元々は悪天候で飛行機は飛ばないはずだったが、フーチュンが飛行機ごとチャーターし無理矢理南極まで飛んだら、案の定遭難。

パイロットは墜落の途中で投げ出され、ルーイーと連れ立ってきた欧米人の女性は死亡してしまう。

生き残った二人は険悪なムードになりながらもフーチュンが寂れた小屋を発見し、足を痛め身動きがとれないルーイーを担いで小屋に。

小屋は何年も使われていないようだが、幸いにも食料や燃料はありしばらくは生き延びることができそうだった。

しかしルーイーが言うには75日後には太陽の出ない極寒になり人が生存する術はなくなってしまうためそれまでに基地を見つけなければならない。

フーチュンはルーイーのいう通り可能性のある方向をしらみつぶしに歩いていった。

しかしなかなか見つからず、雪崩やクレバス落下、視力低下がフーチュンを襲う。

氷の海へも落ち凍え死にそうになって小屋に帰ったときはルーイーが肌で体をあたためた。

二人は始めお互いを毛嫌いしていたが、共に困難を乗り越えるうちに愛が芽生える。

しかし幸せな気持ちになりながらも二人は最悪の結末を考えてしまい、ルーイーは自殺未遂、フーチュンは自分の墓穴まで掘ってしまう。

お互い気を取り直し生き延びることを固く決断する二人だが基地も見つからず、食料も燃料を底をついてしまい、最後の基地捜索となったフーチュン。

これまでの捜索で心身ともに疲れ、絶望を抱えながらもフーチュンはゆっくりと雪の中を歩いていく。

もう既に片足の感覚がないフーチュンは歩いている最中ついに倒れてしまう。

もうだめかと思われたが、起きて前をみると探していた基地が広がっている。

すぐにレスキューが気づき心身ともにぼろぼろのフーチュンを医療室に運んだ。

フーチュンは意識を取り戻すと治療をほっぽり出し、スノーバイクに乗ってルーイーのいる小屋へ。

しかしちょうどその時巨大雪崩が小屋を遅い、小屋は跡形もなく破壊されてしまった。

フーチュンは悲しみながら自分の墓穴を掘った場所へ行った。

するとその墓穴の中にルーイーがいたのだ。

フーチュンはルーイーを抱きかかえ夜空に輝くオーロラを見上げる。

ルーイーもゆっくり目を開けオーロラを眺めた。

スポンサーリンク

いかがでしたか。

この映画も面白かったんでせっかくだから日本でも公開されたらいいなって思います。

もし公開されなかったらYouTubeで見ることもできるのでご安心を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です