冬の内モンゴルへ旅行に行かなくても自宅で極寒を体験できる方法がある

冬の内モンゴルに旅行に来る人はなかなかいないと思いますがこの季節の観光も実はなかなかいいです。

夏みたいなきれいな草原はありませんが、チベット仏教のお寺巡りもできますし旧正月などのお祭りムードも楽しむことができますからね。

あと風景でいえば凍った川とか湖も見れますし、牛や羊もずっと放牧されているのでこれもありではないでしょうか。

ただ私としては一番体験してほしいのはその気候です!

観光しながらしながら耐え忍ぶ凍えそうなぐらいの寒さ!

この極寒はかなり貴重ですよー!!

あ、でも極寒なら日本の温かい自宅にいても簡単にプチ体験することができます。

知りたいですか?


内モンゴルの寒さはこんなに厳しい

中国内モンゴルと一口に言っても日本の3倍もの面積があるので場所によって気候も多少違います。

しかし基本的に冬はどこも寒く最低気温は−20℃を下回るところばかりです。

北のほうでは−30℃は軽くいくなんていう場所もあります。

私はいったことありませんが北部のハイラールというところは−40℃を下回ることもありましたよ。

私の住むところはそこまでではありませんがそれでも寒いときで−30℃はいきます。

私の住む地域の今週の天気はこんな感じでした↓↓↓

気候は乾燥しているので雪は基本積もっていませんが、川はカチコチに凍ってますし、地面に水を撒けばすぐに凍ってしまいます。

なのでこの時期日本のように外で洗車すると大変です。

私がこちらに来たばかりの時、真冬に洗車したことがありましたが、昼間にも関わらずクルマにかけた水が凍ってしまいクルマを凍り付けにしてしまって怒られたことがありました。

また屋内でも外に通じるドアは内側から凍りついて開かなくなってしまったり、お肉は冷蔵庫ではなく外に置いておけば冷凍保存できるほどです。

内モンゴルでは牧畜が盛んで、冬でも屋外で干し草を与えたり庭を掃除したりしますが、みなさんかなり着込んで仕事をしてらっしゃいます。

私もお手伝いしたことがありますが、分厚い服を着ていてもその寒さは体に突き刺さります。

服装は厳重ですが目と鼻は露出しているので呼吸に含まれる水分がマフラーなどにはり付きそれがどんどん凍りついてしまうんです。

また鼻で深呼吸すると鼻の中の水分が凍り付いていくのがわかります。

スポンサーリンク


内モンゴルの寒さを再現

こんな日本ではなかなか体験できないような寒さ自宅で簡単に再現できる方法があります。

しかもとても簡単、冷凍庫さえあればいつでもできますよ。

やり方はまず冷凍庫の温度をマックスまで下げます。

どんな冷凍庫でも−20℃までは下げれることかと思いますが、もしそれ以下に設定できるのであればなおいいです。

そして冷凍庫の中身や棚をすべて取り外してすっからかんにしておきます。

しばらくすると冷凍庫内が冷気で満たされ温度が下がりきるでしょう。

そこを見計らってドアを開け、頭を突っ込みすぐさま鼻で深呼吸するのです。

そうすると鼻の中の水分が凍るのがわかるはず。

それこそまさに内モンゴルの寒さです。

[ad#co-1]

いかがですか?

鼻の中の水分が凍る感触を味わったのは初めての方が多いのではないでしょうか。

こんな方法で納得していただけるような方は少ないかもしれませんが確かに内モンゴルの屋外で呼吸をすると同じ現象がおこります。

ただ冷凍庫だと頭しか寒くないんで、全身で味わいたいM系の人は現地内モンゴルへいらしてください。

声をかけていただければご案内させていただきます。

冬の内モンゴルの草原からでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です