中国からLINEのアカウントをメールアドレスだけで復活させる

スマホであればアプリが入っていない人はいないんじゃないかと思うぐらい誰でもやっているLINE。
私も日本にいるときはやっていたのですが中国に引っ越してからは、ファイヤーウォールのせいでLINEに接続できずほったらかしになり最後にはアプリも削除してしまったほど。

しかし最近になって中国のファイヤーウォールをくぐり抜けYouTubeやTwitterができるようになるVPN“”の存在を知り契約したのでLINEもつなげようと思ったのです。

VPN接続“”しだいぶ前に削除してしまったアプリをスマホに再度ダウンロード。

中国からは通常Playストアにも入ることはできませんがVPNがあれば問題ありませんしアプリもダウンロードできます。

無事にダウンロードが終わりちょっと懐かしげなログイン画面へ。

しかし久しぶりで楽しみにしていたLINEにはそんな簡単にログインさせてもらえなかったのです。

スポンサーリンク


まずはパスワードを再設定

新しくダウンロードしたLINEにログインするにはメールアドレスとパスワードが必要ですが、私はメールアドレスしか憶えておらずパスワードは再設定するしかありませんでした。

なのでまずログイン画面からパスワード忘れをタップし、登録してあるメールアドレスにパスワード再設定用のメールを送ってもらいます。

この際、端末に自動音声のコールがありますが、これは日本の電話番号でなく、中国でも問題なくかかってきました。

ただし音声は中国語です。

届いたメールからパスワードを再設定し、これでログインはできるだろうと思っていたのですが、なぜか私の場合はアカウントの引き継ぎ作業をしなければならない事になっていてログインはできませんでした。
通常なら同じ端末であれば引き継ぐ必要はないはずなのですがどういうわけか私の場合は新しい端末という認識がされているようで引き継ぎを求められたのです。


アカウント引き継ぎ

前も使っていた端末なのでアカウントは引き継がなくても良さそうですが、1年以上使っていなかった、又はアプリを端末から削除してしまったためか引き継ぎを求められました。

アカウント引き継ぎには前の端末中のLINE内で引き継ぎの準備をしなければならないらしいのですが、私の場合はまさに今ログインしようとしている端末がずっと使っていたものなのでそれは不可能です。

ほかの引き継ぎ方法としてはSNSで電話番号宛に引き継ぎ認証コード送信してもらい新しい端末上で入力すれば引き継ぎが完了するようですが、日本で使っていた番号はもう解約しているのでそれも無理。

なので以前の友人の情報が消えてしまうけど新しくアカウントを作成するしかないのかな、と思いながらネットで解決方法を探していると、LINE問題解決フォームというところから解決策が見つかりそうなので入ってみることに。

LINEヘルプではよくある問題であれば解決方法が記載されていて、それを見ながら解決する事ができますが、この問題解決フォームではあまり起こらない問題の場合にここから質問し、メールのやり取りで解決策を教えてくれるようです。


私のこまっている状況

ここで一度ログインできない私の状況をまとめて説明。

・1年以上使っていないアカウントにログインしたいが、同じ端末を使っているにも関わらず端末間の引き継ぎを求められてしまい引き継ぎの操作ができない。
・登録したいアカウントには日本の携帯番号が登録されているがそれは既に解約済みで電話番号による引き継ぎ認証コードを入手できない

この2点が現在の問題ですがこれを解決するために問題解決フォームに入りました。


LINEの問題報告フォーム

問題解決フォーム内では、生じた問題について簡単に説明し返信用のメールアドレスを記載し送信します。
問題についての説明は選択肢から選ぶだけのことなので難しいことではなく、私の場合であればアカウントの引き継ぎができない、認証番号入手できないといった選択肢を選んで送信。

翌日には記載した返信用メールアドレスに返信があり、さらに問題についての詳しい状況やアカウントの登録電話番号、作成時期などの細かい部分を質問されそれに答えを記載しさらに返信します。

この記載した情報を復活したいアカウント情報と照合することで質問主をアカウントの持ち主だということを確認するようで、表示名やID番号といったさまざまな情報も求められます。
Facebookと連携の有無や、プロフィール画像の添付も求められました。

求められた情報の中にはアカウントの作成時期などあやふやにしか憶えていないところもありましたが、それにはその通りに記入して送信。

メールを送るごとに「問題受付完了メール」が送られてくるので正常に問題が受け付けられた事がわかりますし、LINEからの返信も私の場合は24時間以内にはされました。


1回しか問題報告フォームから報告できない

問題報告フォームに詳しい情報を送り、帰ってきたメールにはアカウント引き継ぎについて何らかの解決策を教えてくれることを期待していた私でしたが、メールの内容はそんな事は一言も書いておらず「メールアドレスが一致しなかったためアカウントが確認できませんでした」というような文章が送られてきました。

どうやら復活したいアカウントに登録されているメールアドレスと質問の答えとして回答したアドレスが違っていたようで本人のアカウントとは認識してもらえなかったようです。

「他のメールアドレスでおためしください」とのことで今回の報告は終了し、また始めから報告フォームに入りやりなおさなければいけませんでした。

そしてもう一度同じ作業をし、心当たりのあるもう一の使っているメールアドレスを記載し送信。

しかし前回問題報告した時にはすぐに「問題受付完了メール」がきたのですが今回は来ませんでした。
エラーかと思いもう一度始めからやり直したのですがそれでもダメ。

どうやらいたずらや偽装を防ぐため短期間では何度も問題を受け付けてはくれないようで2度目からはブロックされてしまうようです。


ブロックされずに何ども問題報告する方法

ブロック解除はいつになるのかわかりませんし待つのがいやな私は何か方法があるんじゃないかと考えた結果、解決策を送ってもらう返信用メールアドレスを他のものにして試してみることに。

「問題受付完了メール」は機械による自動送信のはずなので、アドレスを別のものにすることによって機械に別人だと判断させ問題を受け付けさせることができると思ったからです。

返信用アドレスを変え送信してみると案の定そのアドレス宛に「問題受付完了メールが」が届きました。

やはりLINE側は一つの返信用メールアドレスで一回としているようで、アドレスを変えれば何でも問題受付をしてくれるようです。

もし私のように情報記入を間違ってしまっても諦める必要がなく、他の返信用メールアドレスを入力することで何度も問題報告することができます。

そして今回はLINE側が引き継ぎ作業をしなくてもアカウントを引き継げるように設定し、私はようやく1年ぶりにログインできたわけです。

スポンサーリンク

長くなったので今回のをまとめます。

1.長期間使っていないアカウントでもアカウントに登録されているメールアドレスを憶えていれば復活することができる。

2.端末が壊れて使えなくなり電話番号を解約してしまった場合(私の場合は海外に移住してきて日本の電話番号は既にない場合)でも問題報告フォームからアカウントを復活できる。

3.問題報告フォームにおいて自分のアカウント情報があいまいで本人と認識されなかった場合でも返信用メールアドレスを変えることによって短期間に何度も復活を試みることができる。

以上の三点が今回わかったことです。

かなり特殊な状況ですが、中にはこういう人もいると思うので参考までに。
端末が壊れてしまい、ついでにキャリアごと変更なんていう方もこのようにアカウント復活させると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です