妊娠中に食べると赤ちゃんの頭に良い6つの食べ物 

妊娠中にどんなものを食べたらお腹の赤ちゃんにいいか気になると思います。
私も妊娠中の妻に食べさせる食事に気を使いながら毎日料理をする日々。

ある日夕飯のおかずを何にしようかと中国のネットで検索しているとお腹の赤ちゃんの脳に良い食べ物を紹介している記事を発見。
訳してみました。

スポンサーリンク

1、卵

卵は妊婦にとって最も重要な栄養源の一つ。
胎児の脳の発育に非常に役立ちます。
卵には人の体に必要な8種のアミノ酸やカルシウム、リン、鉄など含まれています。
注意しなければいけないのは、卵は消化が悪いため一度にたくさん食べてはいけないこと。
また調理の段階でもよく火を通すなど気をつけなければいけません。

2、魚

妊娠中の魚肉の摂取、特に海水魚を食べることは胎児の脳の発育を助け、頭がよくなります。。
魚肉には鉱物質やDHAなどの赤ちゃんが必要な栄養素が多く含まれていて、中でもDHAは大脳神経の発育を促進します。

3、トウモロコシ

トウモロコシも脳の発育を助ける食べ物の一つ。
豊富に含まれているタンパク質やビタミン、粗繊維、脂肪酸,グルタミン酸などの栄養分は胎児の智力の発育を促進させます。

4、クルミ

豊富な不飽和脂肪酸やタンパク質やカルシウム、ビタミン、炭水化物、鉄などが含まれるクルミは中医学の認識において脳の発達や知能の向上作用があると考えられています。
妊娠中にクルミを食べることは胎児の脳の発達に有利に働きます。

5、胡麻

胡麻には豊富なカルシウム,リン、鉄、そして15,7%の優良タンパク質と10種類近くのアミノ酸が含まれています。
妊婦が日頃食べれば胎児の脳の発育に有効です。

6、バナナ

大脳がセロトニンを作るのを助けます。
セロトニンは神経を刺激し大脳の働きに大きく貢献するのです。

新鮮なバナナは栄養が豊富ですが食べ過ぎに注意。
3食の食事の妨げにならないように食べなければいけません。

いかがでしたか。
お腹の赤ちゃんの頭にいい食べ物なんて日本ではあまり聞きませんが中国のマタニティーの間ではこのような事も積極的に実践されています。
特にクルミなんかはテレビのコマーシャルでもよく宣伝されているほど。

中医学は日本ではあまり馴染みがありませんが中国の長い歴史の中で培われてきた医学は信頼できるものと思われます。
私達も夫婦二人でマタニティーライフを送る中でこれらも考慮しながら食べるものを考えています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です