妊娠生活中におすすめなアワ 中国内モンゴル出身妻のつわり対策

皆さん「粟」をご存知でしょうか。
「栗(クリ)」ではなく「粟(アワ)」ですよ。
漢字が似ていて間違えそうですがこのアワ、妊娠中にオススメの食材の一つなんです。

アワとは 

アワは1〜1,5mmぐらいの黄色い粒状。
お米や麦とともに五穀の一つに数えられています。
日本ではお米よりも早く栽培が始まったようで昔はお米ではなくアワを炊いて食べていたときもあったというぐらいメジャーだったよう。
今ではお菓子や雑穀米に入っているものぐらいしか見る機会はなくアワと言われてもピンと来ない人もいるかもしれません。
 
アワは栄養価の高さ

現在では日頃あまり食べられていない粟ですがその栄養価は高く雑穀米に利用されています。
図表を見て比べてみてください。

ビタミンB郡や鉄、ミネラルやも豊富。
また妊娠時に必要な葉酸、カルシウム、鉄分の数値も白米より高いのがわかると思います。

妊娠中はアワ

私の住む中国ではアワは妊婦の食べるといいもの12選としてネットで公開されていました。
→妊娠中に食べるといいもの12選
日本ではそのような情報は聞いたことがありませんが中国で盛んな中医学によればアワは習慣性流産の予防にもなるのだとか。
ほかにも妊娠初期のつわり症状では食欲不振や吐き気などに悩まされがちですが、それらに対する効果も期待できるよう。
また粟に含まれている鉄や葉酸、カルシウムなどは妊婦に必要とされている栄養素として有名です。

妊娠2ヶ月の私の妻もつわりのための頭痛やダルさ、吐き気で食事の量や質が落ちていますが、粟だけのご飯やおかゆはぼちぼち食べています。
一時期、白米の匂いすらダメなときがありましたが粟のご飯は大丈夫なよう。
いろいろ試したけど食べれそうなものがないという妊婦さんは一度試してみては。

つわり中の粟のおすすめの食べ方

中国では粟だけで炊飯したり、粟のお粥を作ったりと積極的に食生活に取り入れています。
しかし粟だけのご飯はポロポロしていてさすがに馴染みにくいと思うので多めの水で煮てお粥にするか、お米を炊く時に少量まぜるかのどちらかがいいと思います。

私の妻一家も大好きでお米を炊くときにほとんどの場合白米に粟を混ぜて炊飯しています。
私もこちらでの生活が始まり粟入りご飯を初めて食べましたが白米だけのご飯に比べてちょっと舌触りが変わる程度で違和感なくいただいています。
粟は味も香りも強くないので白米と混ぜても味があまり変わらず自然
食べたことない人には是非味わってみてほしいです。

粟の買い物  

中国では粟はどこのスーパーに行っても買うことができますが、日本ではそこまで需要がないためかあまり見かけることはできません。
ちょっといい食材店などあるところにはありますが探すのも大変なのでネットショップを利用するのが便利でしょう。

Amazon↓↓↓

中国特選農作物穀物天然黄小米(アワ・粟)緑色食品・健康栄養食材・中華粗糧・人気商品

楽天市場↓↓↓

中国特選農作物穀物天然黄小米(アワ・粟)緑色食品・健康栄養食材・中華粗糧・人気商品

楽天やアマゾンにもたくさん種類が出ていますが日本産のものはかなり高いです。
それに比べ中国産のものはかなり安価。
私も中国国産の物をいつも食べていますが全く問題なく美味しく食べられるので原産国を気にしないのであれば中国産をおススメします。

それでも中国産のものは日本では輸入品になるので中国現地に比べるとちょっと高めではあります。
ちなみに私がいつも買っているのは1kg200円ほど。

安くてすいません。

日本で白米ばかり食べていた私ですが今では必ず家に粟の蓄えがあるほど。
白米も良いのですが気づいた時には粟入りのご飯を食べています。
日頃白米ばかり食べていてちょっと変化が欲しいなと思ったときもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です