中国人和食料理人の腕が日々加速 日本人が中国で飲食店を開業しても苦戦するかも

日本人が海外で飲食店を開業するなら日本料理をやることが多いと思います。
しかし和食ブームの今、国外でも国によってはその料理のレベルも低くはないはず。
特に中国ではブームになりだして長い時間が経っているので現地の人の調理技術のほか消費者の舌も肥えてきています。

スポンサーリンク

中国では和食ブームが長期間続く

中国での和食ブームは10年以上続いていますが今でもまだとどまるところを知らりません。
特に北京や上海などの大都市では至る所に日本料理店がありその和食ブームの大きさを物語っています。
中国で和食が流行るのは現地に日本人が駐在することも理由ですがそれは大分前のこと。
日本人を交えずとも中国人だけでも日本料理店に足を運ぶことが以前より多くなり、中国で和食という異文化が定着してきていると言えます。

以前は日本人が率いていた

中国で和食ブームが始まった頃は現地中国人だけ日本料理店を開業することはあまりなかったようです。
日本料理をやろうにも経験を持つ中国人は少なかったのでしょう。
なので本場の職人を中国に呼び寄せて技術指導をさせたり、開業した人が自らお店に立ち切り盛りしたりと日本人が主体になってやっていました。
私も上海の日本料理店で働いていた頃はベテランの日本人料理長とともに現地スタッフに日本料理を教えたものです。
現地人材もやる気がある人は一生懸命日本人について勉強し、現地人から見た日本人料理人は最高の指導者として尊敬されていました。

中国人もレベルアップ

日本料理が流行り出したころは和食初心者だった料理人達も長い間経験を積んでいくうちにレベルが上がってきていて本場の日本人にまけないくらいの腕をもつ人も増えてきています。
現に私がいた飲食企業でも中国人に料理長をまかせ新しく開業することや、日本に研修にいかせて本場の雰囲気や技術習得に力を入れたりもしていました。
人気店の中国人和食料理人は現地のメディアで取り上げらたりしていて、その技術を見せたり和食の知識を披露したりと、日本料理に対する熟知度もなかなかです。
そしてその腕を認められた中国人和食料理人が技術を下の人に伝えていけば日本人が教えるよりも伝達率が良いので更に平均レベルは上がりやすくなります。
情報も入りやすい今の社会では料理の技術も加速度的に上がっていくのではないでしょうか。

中国人の和食レベルを調査

中国での開業を目指すのであれば現地の和食レベルはどの程度か知っておいたほうがいいでしょう。
そしてその一番良い方法は現地に行き自分の目で確かめることです。
北京や上海の大都市であれば繁華街を歩いていくだけでもすぐに日本料理店を見つけれることができるはず。
ネット上の情報で地元の人に人気のお店を目指すのもいいかもしれません。

また日本にいながらでもある程度、現地の日本料理店を確認できるものが現地メディアから発せられる情報。
ネット上にある中国のテレビ放送などの画像を見るだけでもどのような店舗でどのような料理が出されているかわかります。
     →YouTubeで見れる中国の日本料理レベル

外国での開業は

都市にもよりますが中国で飲食店を開業するならかなりの準備がいるのではないでしょうか。
日本料理の知識や技術面は当然ですが、それ以外にも中国の習慣や文化を熟知しておく必要があります。
日本人とは違う民族をおもてなしするためには日本では通じることであっても海外では通じないこともあるのです。
   →中国の小さい街にできた流行らないカフェの末路

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です