中国で買った300円のUSB無線アダプターは使えるのか MacBookのWi-Fiが使用不能になったのでタオバオで「COMFAST CF-WU810N」を購入 

私のMacBookのWi-Fiが使えなくなったのは3年以上前。
中国ではパソコンを使う頻度も少なかったのでこの3年間有線LANケーブルをつないでしのいできました。
しかしこのあいだどうしてもWi-Fiがほしくなり中国のネットショップでUSB無線アダプターを買うことにしたんです。

スポンサーリンク


MacBookのWi-Fi故障はよくある?

三年前のある日突然Wi-Fiが使えなくなったんです。
「Wi-Fi:ファードウェアなし」と画面の右上に表示されWi-Fi機能自体が無くなってしまったよう。

ネットでこのような故障を検索してみると全くない問題ではないようでした。
原因は無線LANカードの故障か接触不良で、ネット上に掲載されていた対応策はアップルストアへ修理に出したり自分でカバーを開けて接触不良部分を直すというもの。
私はとりあえずそのままにして放っておいたわけです。

中国のネットショップで格安で購入

タオバオ(中国名 淘宝网)は中国最大のネットショッピングサイトで店舗数も多く売っていない物はないと思うほどの品揃えです。
私もよく利用しますが気をつけなければいけないのが、偽物の商品が横行しているという事。
ネットショッピングなので分別つけようがないのですが、店舗によっては多数のフォロワーやレービューがあるので、それをたよりに店舗を選べばまず大丈夫です。
今回買ったUSB無線アダプターもタオバオの中の人気店のものです。
レビューを見ても問題なさそうだったので買ったのですが驚くのはその値段。
なんと中国元で18元というから破格です。
しかも送料込みで。
日本円にすると約300円です。

ホントに使えるのかと思えるこの値段。
買うからにはちゃんと使えてほしいのですが、悪質な偽物を思わせてしまう安さです。
でももし偽物で使えなくてもあきらめがつくような値段であることは確か。

なのでとりあえず買いました。
使えるか使えないかわかりませんが、使えたらもうけもんでしょう。

中国は広大 長時間かかる郵送

交通網は発達しているとはいえ中国の面積は日本の約26倍。
日本のネットショップのように注文したら2、3日でつくようなことはなかなかありません。
今回のUSB無線アダプターは送り元が広州でほぼ最南端、そして私のいる内モンゴルは最北端で、距離にすると3000キロ以上あります。
なので注文してから手元に届くまで8日もかかってしまいました。
届いた時には、よくぞ南の果てから・・、といった思いで受け取ったわけです。

使用レビュー

今回買ったのは「COMFAST CF-WU810N」。
メーカーは中国深センにある企業で中国国内では有名のようです。
私のノートパソコンはCDがドライブできないので、USBにインストールCDの内容をコピーして使いました。
ドライバーをインストールしたら問題なく駆動しスピードも問題なし、ストレスもありません。
300円で買ったUSB無線アダプターも問題なく使えたのです。

日本の物と比較

日本でも同じ製品がネットショップで売っていますが大きな違いは値段でしょう。
日本のネットショップでは安くても800円以上で中国の2倍以上です。
また「COMFAST CF-WU810N」は日本でも売っていますが、日本の物はWindowsシリーズしか使えないとなっています。
しかし今回中国で購入したものはインストールCDにもMac os X専用のドライバーが入っていて問題なく使えたのです。
日本で手に入る物ももしかしたらWindowsだけでなくMacOSXにも対応しているかもしれませんね。
ちなみに私が購入した物はパッケージから取扱説明書まで全て中国語で書いてありました。
もし日本で手に入るものも中国語で書いてあるならOSXでも使える可能性はあるのではないでしょうか。

Amazonにありました↓↓

COMFAST cf-wu810 Mini USB WiFi 150 M Wifiアダプタ802.11 N / G / B Wi fiアンテナ150 MbpsワイヤレスLANネットワークカード外部USB WiFi forデスクトップラップトップホワイト

このような中国のIT系グッズははじめて購入したのですが特に問題なく使えるという結論です。
しかしネットショップでは時に粗悪品をつかまされる恐れがあるので注意しなければなりません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です