中国駐在でLINEやTwitter,YouTubeを見たい時に必要なVPN接続 IT素人でも無料体験をうまく利用して赴任期間タダで利用する方法とは

中国に新しく進出する企業は減ったとはいえまだまだ北京や上海、広東などの主要都市には日本人の駐在員が何万人といます。新入社員でもまずは海外赴任から、という企業もあり社会人でいきなり中国に放り込まれる人もいるみたいです。ここではそんな人のために私が実際に中国に滞在していた際に接続していたVPNとそのおトクな使い方について説明していきます。

スポンサーリンク

中国赴任ならVPNは必須

仕事でもプライベートでもSNSは欠かせない時代です。しかし中国では政策によってファイヤーウォールがしかれ日本の特定のサイトにアクセスできないようになっています。そのため中国に海外赴任してもLINEやYouTubeを見たい人はVPNに接続しなければいけないのです。VPNに接続すれば他にもGmailやFacebookなども見れるようになります。

シロウトにはわかりにくいVPNとは

私もITは疎くて詳しい事はよくわかりませんが、「VPNとは」でネット検索してみるといろいろなサイトで紹介しているのがわかると思います。通信経路に認証や暗号化を導入し安全なネット環境に接続できる、というような説明が多いですが、これが中国のファイヤーウォールとどう関係があるのか今でもよくわかりません.
しかし実際にVPNに接続すればとにかくYouTubeなど見れるようになり,私のようなシロウトでも使えるほど便利で手軽なものです。

VPN接続方法

ネットでVPNを提供している会社と契約をするのですが、その際にクレジットカードが必要になります。基本的にはAMEXやVISAなどのメジャーなが使える他、中国現地の銀行カードについている銀聯(UnionPay)に対応しているところもあります。
申し込み画面からメールアドレスやカード情報を入力するとIPアドレスやパスワードがメールで送られてくるので、これを自分のパソコンやスマホのVPN設定画面に入力すれば接続できます。
初めてVPN利用する人だと設定が不安かもしれませんが、VPNを提供しているサイトには接続の仕方が詳しく書いてあります。契約者が使用しているパソコンのシステム(WindowsやMacOS)やブラウザ(ChromeやSafari)のそれぞれの設定方法がわかりやすく記載されているのでそれを見ながら接続すれば簡単です。

始めは無料体験を利用

VPNサービスには無料お試し期間が存在します。お試し期間中にそのVPNのつながりやすさを体験してもらって本契約につなげるというシステムです。VPNサイトもたくさんありどれを契約すればいいのか迷うところですがそのお試し期間中にユーザーにつながりやすさを実感してもらう事ができます。

私が使っていたVPN一覧

私は知識も浅いのでここで紹介した日本企業が運営するVPNしか使っていません(海外のものはサイトが英語表記なため何が書いてあるかよくわからない)。ネット上では海外企業が提供する評判の良いサイトも紹介されていて、英語がわかる方には良いかも。
VPNによってはお試し期間が過ぎると自動的に本契約にはいるものもあります。契約解除をわすれて使っていないのに費用が発生するのを防ぐため気をつけなければいけません。

・プラネットVPN

お試し期間 1週間 
お試し期間が終われば自動的に契約は終了します。本契約に移るためには再度契約しなければなりません。

・セカイVPN

お試し期間 最大2ヶ月
無料体験を開始した月とその次の月の月末までが無料期間です。月の始めにお試しを開始すればまるまる2ヶ月無料で使えることになります。数あるVPNの中でも郡を抜いて無料期間が長いVPNです。注意点としては無料期間中に解約しないと本契約が自動的にはじまることです。

・スイカVPN

お試し期間 2週間
無料体験が終われば契約終了です。本契約するにはサイトから再度申し込みしなければいけません。
・チョモランマVPN

お試し期間 10日
唯一お試し期間中も料金がかかるVPN。といってもたったの100円です。お試し期間が過ぎれば自動的に契約は終了します。

怪しいVPNも存在

お試し期間なしでずっと無料のVPNもいくつか存在しますがこれらは危険らしいです。私も試しに「パンダVPN」につなげてみようとしましたが一向にダメでした。
無料VPNの中には悪意があるものも存在するらしく個人情報の流出につながってしまうことも・・。気をつけなければなりません。

使ってみて一番つながりやすかったVPNとは

今まで私が使ったことのあるVPNでは「チョモランマVPN」は良かった印象があります。しかしどのVPNもつながる時はサクサクつながりますし、つながらない時は30分無駄にパソコンの前にいたこともあります。ネットをつなげている環境や時間帯によっても違うようなので一概には言えませんが。

どのVPNにするか迷ったら本契約を結ぶ時の値段で決めてもいいかもしれません。多少ではありますが価格に差がありますし、一括で長期契約すればそこそこの節約になります。

いろんなVPNを試して長期間無料で接続する

私は中国でどのVPNがつながりやすいか試してみるためにいろんなVPNのお試し期間を利用していました(一つのVPNの無料期間が終わったら他のVPNのお試しを利用する)。いろいろなVPNの無料期間を利用するうちに気づいたら半年以上無料で接続していました。
VPNを提供しているサイトはまだここで紹介した意外にも探せば出てくるのでさらに長く無料で接続できるはずです。またクレジットカードを複数用意しておけば更に長期にできることも。
無料契約をするたびにパソコンを設定しなければなりませんが接続の手順はどのVPNでも同じなので1、2回やればすぐにやり方を覚えれます。サーバーアドレスやパスワードさえ確認できれば1分で接続できるようになるでしょう。

中国にいく方でも赴任の期間が短い方や、そんなにネットは使わないけど、という駐在員の方には無料体験の活用おすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です