飲食店インバウンド集客の方法〜外国人客も逃さず集客するために〜

訪日観光客が年々増加するとともに飲食店に来店するお客さんの中にも外国人は珍しくなくなりました。今では飲食店にとってインバウンドは見逃せない存在となり外国人をターゲットとした経営戦略に力を入れている飲食店も少なくありません。
インバウンド集客には外国人客を受け入れるための対策が必要ですがそれには何をするべきなのでしょうか。

スポンサーリンク

メニューはわかりやすく外国語表示を

少なくとも英語表記のメニューは欲しいところです。また写真を多めにのせればイメージもわきやすくなるでしょう。

Wi-Fi解放で観光客を取り込む

旅行客の多くはネット上で次の目的地を探したり、SNSを使ったりします。飲食店の中にフリーWi-Fiが飛んでいれば外国人観光客にとって都合のよい場所になります。

スタッフも多言語化

日本語がまったく話せなくても入店してくる外国人客も少なくありません。そんな時のためにスタッフをトレーニングしておくか外国人スタッフを雇うのもいいでしょう。

商品も写真映えするように

観光の様子をSNSに投稿するのはどこの国の観光客でもポピュラーなもの。外国人客が喜ぶようなメニューを提案してみては。

日本らしさを味わえる工夫を

インバウンドの中には日本食を楽しみにしている観光客がほとんど.日本らしい料理やパフォーマンスを売りにするのも一つの方法です。

ネット上でもアピール

今やネット上で自店をアピールするのは常識といってもいいほど。ホームページも外国語対応にしたり旅行代理店と提携するのも良い方法です、

国によって習慣が違うためインバウンド対策は観光客の国籍によっても変わってきます。その他宗教上の理由で禁忌的なものや男女で対応の仕方が変わるなど突き詰めると奥が深いものです。
国際化社会が進むにつれ飲食店のあり方も様変わりしました。この流れに乗れるか乗れないかも飲食店の激しい競争を生き残る一つの鍵になりそうです。

インバウンド対策タブー食材

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です