宗教のタブー食材 飲食店インバウンド対策必須項目

国際化社会の進み訪日観光客が年々増加していく現代では飲食店もインバウンド客をターゲットにした戦略をとるところも多いです。
しかし世界には宗教や人種によって食に対するタブーがありこれを織り込んだ運営の仕方を考えなければいけません。
ここでは世界の食に対する主なタブーを見ていきます。

スポンサーリンク

イスラム教

イスラム教は「豚」「アルコール」「血液」「宗教上の適切な処理が施されていない肉」をタブーとしています。食肉だけでなくだしや動物性油脂もそれに含まれます。アルコールは味醂などの調味料もNGです。たとえアルコール分が飛ばしてあってもだめなようです。
他にはうなぎやイカ、タコ、貝類、発酵食品はタブーではありませんが嫌がられる事が多いようです。

ヒンドゥー教

ヒンドゥー教は「肉」全般、「魚介類」全般、「卵」、「生もの」、「五葷(ごくん:ニンニク、ニラ、ラッキョウ、玉ネギ、アサツキ)」がNGです。例外として中には鶏肉、羊、ヤギを食べる人もいるようです。
牛を神聖な動物として崇拝しているのは有名です。反対に豚は汚れたものとされているので基本的には食べません。
右手は神聖な手、左手は不浄な手とされているため、サービスする場合には右手を使いましょう。

ベジタリアン

一口にベジタリアンといってもその思想は様々です。宗教上の理由や国の文化,健康上の原因、動物愛護の思想などによって肉食をタブーとしてます。
またタブーとなる食材は食肉のほか、卵や牛乳,蜂蜜、根菜,球根類、さえも禁じている人がいます。
国際ベジタリアン連合が定める一般的なベジタリアンは卵や乳製品はOKです。

これらはごく一般的なタブーの一部です。厳格な宗教徒であったり階級の違いで禁止されているものが違うのでさらに注意してサービスする必要があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です