調理の講師に必要な専門調理師免許 実技試験対応

調理師学校で調理の授業を受ける時それぞれの専門料理の講師が来て生徒達に教えていたと思います。そんな講師の肩書きといえば有名ホテルの料理長だったり個人店のオーナーシェフ、大手企業の料理監修者、はたまたメディアにも登場するような有名人までいろいろだったのではないでしょうか。
そんな講師達はそれぞれの分野の豊富な調理経験で培った調理技術を披露し、生徒達の注目の的だったはずです。

講師の方達の料理の専門分野はそれぞれ違いますが一つ共通する点があります。それはみなさん専門調理師の免許を取得しているのです。
専門調理の資格は日本料理、中華、西洋、寿司、給食、麺とありますが資格を取得している人はそれぞれの分野で多くの経験をつんでいることでしょう。試験資格が最低でも6年の実務経験が必要なことからもそれは間違いのないことです。
資格を取ればその長い経験を証明できるわけで、一般の調理師免許とは大きな区別がつくことは言うまでもありません。それは独立開業するときでも大きな利点となりえます。

資格試験は実技と学科試験で調理師学校を卒業していれば学科試験が免除されます。実技試験はそれぞれの分野のよくある料理ですが専門調理師資格というだけあり専門性の高さはいなめません。時間制限が設けられていて手順や段取り、作業の早さが求められます。また衛生面も厳しくチェックされ材料の下準備から出来上がりまで評価の対象です。合格率は約60%と高くはなく学科、実技ともに難易度の高さがうかがえます。

飲食店の中で単価が高めに設定されていたり、手作りを売りにしている店舗に従事していればこのような技術は仕事の中にも組み込まれていて習得しやすいかもしれません。しかし中間以下の価格帯の店舗ではこのよう技術は既製品の使用によって不要なものになりがちです。そのため技術的に足りないものは自分で習得して補わなければいけません。

試験の内容は事前に受験者に送付されたりネット上で公表されるので対応は可能です。準備されている材料や器具も細かく決められていて調理の手順も定められています。まったく経験のない料理でも調理の経験があり、ある程度練習すれば習得できるはずです。
実技試験の中で一番苦しむ条件は時間制限といえるでしょう。試験前に模擬的に調理してみると時間いっぱいなことに気づくはずです。手順を頭の中に入れておき間違えのないように何度も練習やイメージトレーニングをしておく必要があります。評価は減点方式で時間オーバーや料理のでき作業の正確さなどから試験管の裁量で減点されていきます。試験管の厳しさによって多少評価に差が出ることを考えても万全の準備をしておくのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です